PR

 米NVIDIAは米国時間11月6日,米PortalPlayerを買収することで,両社が最終合意に達したと発表した。NVIDIAはPortalPlayerの発行済み普通株式1株につき,現金13.50ドルを支払う。買収総額は約3億5700万ドルになる見通し。

 PortalPlayerは,パーソナル・メディア・プレーヤ(PMP)やディスプレイ搭載機器に向けた半導体,ファームウエア,ソフトウエアを手がける企業。同社のシステム・オン・チップ(SoC)技術は,米Appleの「iPod」など,携帯型音楽プレーヤに利用されているという。

 NVIDIAではこの買収により,PortalPlayerのアプリケーション・プロセサ技術とNVIDIAのGPU(Graphics Processing Unit)技術を統合できると説明する。「次世代のPMP,携帯情報端末(PDA),携帯型ゲーム機,携帯電話などに不可欠な両技術を組み合わせることで,モバイル機器が最も重要な“パソコン”となる,次のデジタル革命を後押しするような新製品を開発したい」(NVIDIA社長兼CEOのJen-Hsun Huang氏)。

[発表資料へ]