PR

 米Microsoftは,3次元(3D)表示が可能な地図サービス「Virtual Earth 3D」を米国で提供開始した。Microsoftが米国時間11月6日に明らかにしたもの。

 Virtual Earth 3Dは,インターネット検索サービス「Live Search」の一機能として提供する(関連記事)。Live Searchページで検索キーワードを入れて「maps」(地図)タブをクリックすると,検索結果を地図上に表示する。地図は2次元表示とVirtual Earth 3Dによる3D表示を切り替えられる。

 3D表示は,都市部の写真による画像と,地形を写真に近いリアルなテクスチャで表現した画像を組み合わせる。3D表示可能な都市は当初,カリフォルニア州サンフランシスコやワシントン州シアトルなど米国の15都市。地形の3D表示は,全世界を対象とする。

 Microsoftは,Virtual Earth 3Dで広告の掲載を予定している。実際の道路脇に設置される広告と同じく,3D表示した画面内に仮想的な広告を配置する。

 さらにMicrosoftは,Virtual Earth 3Dの機能を外部から利用するためのAPI「Virtual Earth API」を無償提供する。同APIを使うと,検索結果を3D地図で表示するアプリケーションやWebサイトを開発できる。

[発表資料へ]