PR

 米eBay子会社の米PayPalは米国時間11月6日,ホリデー・シーズンを前に北米のオンライン・ショップ利用者を対象とするキャッシュバック・プログラムを発表した。オンライン・ショッピングで同社の決済サービス「PayPal」を利用した消費者に対し,最大20ドルのキャッシュバックを行う。

 総額1億ドルにのぼるという同プログラムは,eBay.comなど同社が提携する10万を超えるWebサイトを利用した買い物が対象となる。また,ブランドによっては,無料配送サービスも提供する。

 PayPalの新しい競争相手となった米Googleは,2006年6月から決済サービス「Google Checkout」を開始している。Googleは,Adwards広告を利用しているベンダーに対してGoogle Checkoutの導入を促進するプログラムを提供している。同プログラムにより,広告主はAdwards広告に1ドル支払うごとに,10倍に相当する10ドル分をGoogle Checkoutの決済で利用できるようになっている。

 PayPalのキャッシュバック・キャンペーンの期間は2006年11月23日から2007年3月15日まで。無料配送キャンペーンも11月23日から開始される。

発表資料へ