PR

 米eBay傘下のルクセンブルクSkypeは現地時間11月8日,Windows用IP電話ソフトウエアの新版「Skype 3.0 Beta for Windows」(ベータ版)を公開した。音声およびテキストによる多人数コミュニケーション機能を搭載したほか,ユーザー・インタフェース(UI)を改善したという。

 新版では,音声コミュニケーション用の「Skypecasts」と,テキスト・チャット用の「Public Chats」という機能を搭載し,多くの参加者と特定のテーマについて議論できるようにした。Skypecastsを利用すると,最大100人の参加者がぞれぞれと会話できる音声会議を開ける。Public Chatsを使えば,誰でも参加可能なチャット・ルームを設けられる。

 UI改善の一環として,新機能「Click-to-Call」を導入した。これにより,Skype 3.0はWebページに掲載されている電話番号を自動的に認識するので,クリックするだけで「SkypeOut」を使って電話をかけることができる。

[発表資料へ]