PR

 米IDCは米国時間11月9日,世界PDA市場に関する調査結果を発表した。それによると,2006年第3四半期の出荷台数は110万台で,前期に比べ15.4%減,前年同期の160万台に比べ31.3%減だった。前年同期よりも出荷台数が減少したのは,これで11四半期連続となった。

 当期に出荷台数が減った主な要因を,IDCモバイル市場チーム担当調査アナリストのRamon Llamas氏は「新モデルの発表や出荷がなかったから」と指摘する。「今もPDAメーカーは,2~4四半期前に発売したモデルに頼っている」(Llamas氏)。

 ただしLlamas氏は「新モデルが出ないからといって,PDA市場がなくなるわけではない」と述べる。PDAに強い愛着を持つユーザーが残っており,ニッチなユーザーが新たに登場してきたという。「例えば発展途上国のなかには,自己学習用ツールとしてPDAを非常に重視しているところがある。パソコンからPDAにデータをダウンロードし,学校の外でも学習を続けられるからだ」(Llamas氏)。


■2006年第3四半期における世界PDA市場のメーカー別出荷台数(単位:台)
===============================================================================
メーカー                    2006年Q3                  2005年Q3          成長率
                       出荷台数   市場シェア     出荷台数   市場シェア
-------------------------------------------------------------------------------
Palm                    450,000     40.9%        490,000     30.6%     -8.2%
Hewlett-Packard(HP)   240,000     21.8%        400,000     25.0%    -40.0%
Dell                    105,000      9.5%        160,000     10.0%    -34.4%
Mio Technology          105,000      9.5%        100,000      6.3%      5.0%
シャープ                 40,000      3.6%         13,000      0.8%    207.7%
-------------------------------------------------------------------------------
その他                  160,000     14.5%        437,000     27.3%    -63.4%
合計                  1,100,000    100.0%      1,600,000    100.0%    -31.3%
===============================================================================
※無線通信機能を備えるPDAを含むが,スマートフォンなど電話機能を持つ製品は除外

出典:IDC(2006年11月8日)

[発表資料へ]