PR

 米Cisco Systemsは米国時間11月13日,Ethernetチップ・メーカーの米Greenfield Networksを買収することで両社が最終合意に達したと発表した。取引はCiscoの2007会計年度第2四半期に完了する見込み。買収金額などの条件については明らかにしていない。

 Greenfield Networksはカリフォルニア州サニーベールに本社を置く,2000年設立の非公開企業。次世代都市型Ethernetサービスに向けたEthernetチップ,ハードウエア,ソフトウエアを手がけている。60人の従業員を抱え,インドのバンガロールにも拠点を持つ。米メディアの報道(InfoWorld)によると,同社の上級幹部には,元Cisco無線ネットワーキング部門責任者のBill Rossi氏をはじめ,数名の元Cisco幹部が含まれるという。

 CiscoはGreenfield Networksを買収することで,既存の都市型Ethernet製品ラインの拡充を図る。

 買収後のGreenfield Networksは,CiscoのEthernetおよび無線技術部門(EWTG:Ethernet and Wireless Technology Group)に統合される。

発表資料へ