PR

 米Sun Microsystemsは米国時間11月13日,同社の各種Java関連技術のソース・コードにオープン・ソース・ライセンスGNU General Public License Version 2(GPLv2)を適用して無償公開すると発表した。第1弾の活動として,Sunは同日「Java Platform Standard Edition(Java SE)」と「Java Platform Micro Edition(Java ME)」のソース・コードを公開開始するとともに,ソース・コードの管理など行うプロジェクト「OpenJDK」を発足させた。

 当初公開するJava SEのソース・コードは,Java仮想マシン(JVM)とJava実行環境(JRE)の「Java HotSpot」,Javaコンパイラ「javac」,ヘルプ作成ツール「JavaHelp」の3種類。Java開発キット「Java Development Kit(JDK)」については,2007年第1四半期より利用可能とする予定。

 Java MEは,電話関連のモジュールやテスト/互換性キット・フレームワークなどのソース・コードを提供する。2006年末までに,「Java Device Test Suite」用フレームワークのソース・コードも公開対象に含める。

 さらにSunは,現在オープン・ソース・ライセンスCommon Development and Distribution License(CDDL)でソース・コードを公開しているオープン・ソース・プロジェクト「Project GlassFish」にも,2007年第1四半期よりGPLv2を適用する。これにより,「Java Platform Enterprise Edition(Java EE)」はCDDLとGPLv2のデュアル・ライセンス体制で利用可能となる。

発表資料へ