PR

 米Microsoftは米国時間11月13日,大手販売チェーンの米CompUSAで「Windows Vista Business」および「Microsoft Office Small Business 2007」のボリューム・ライセンス販売を11月30日に開始すると発表した。CompUSAの一部の店舗で販売を始め,取り扱い店舗/チェーンを順次増やす。

 CompUSAの店舗では,Microsoftの「Small Business Value Program」と呼ぶ制度を通じ,5ライセンス以上のボリューム・ライセンス販売を行う。購入者は店頭で「Microsoft Small Business Value Program Kit」と購入証明書を受け取り,対象ソフトウエアをWebサイトからダウンロードする。

 これにより小規模企業は,2007年1月に予定されているパッケージ版の発売を待つことなく,「Microsoft Open Value」と「Microsoft Open Business」といったライセンスを適用してWindows VistaとOffice 2007を入手できる。

発表資料へ