PR

 英Reutersは,メディアへのブログ・コンテンツの配給を手がける米Pluckと提携した。両社が米国時間11月14日に発表したもの。この提携により,Reutersは世界のメディア・パートナーに対しても,Pluckを通じてブログ・コンテンツをニュースとともに提供できるようになる。

 Pluckが運営するブログのシンジケーション・ネットワーク「BlogBurst」は,現在「Washington Post」「Gannett News」「San Francisco Chronicle」などの主要ニュース・サイトにコンテンツを供給している。2800以上のブログから成り,「ニュース,政治,スポーツ,健康,フィットネス,技術,器具,旅行,食べ物,娯楽などの記事に関する,質の高い興味深い見解を各ブログで展開している」(Pluck)。

 BlogBurstを導入することにより,ニュース・サイトは掲載記事にかかわりが深く有用なブログを閲覧者に提供できる。ブロガーにとっては,閲覧者数や閲覧回数が増えるという利点もある。

 BlogBurstは,Reutersのオンライン・サイト「Reuters.com」ですでに導入済み。Reutersのメディア・パートナーに対しては,今後数週間で提供する予定。

 また両社は,ReutersがPluckへ出資したことも明らかにした。

[発表資料へ]