PR

 米Googleは,同社の「Google News」に掲載されるニュースをより細かく指定できる機能を,ニュース・サイト管理者向けに提供する。同社Google News担当製品マネージャのNathan Stoll氏が,同社の公式ブログで明らかにしたもの。同機能はWebサイト管理者向けの情報を提供する「Google Webmaster Central」において提供する。

 Google Newsにニュースが掲載されているWebサイト管理者は,既存のフィードや検索用インデックス向けの「Sitemaps」を使って,クロール対象にしたい記事を正確に指定できる。また,クロール時に発生したエラー情報にアクセスし,ニュース収集の際に遭遇したトラブルを把握できる。

 当面は英語のニュース・サイトのみが対象であるが,追ってそのほかの言語にも対応する予定。

 「これまではrobots.txtなどを使って,Webサイトを部分的にクロール対象に指定していた。Google News向けの機能を拡充したことで,ピンポイントでのニュース指定が可能になる」(Stoll氏)。

[Stoll氏の投稿]