PR

 米Time Warnerは米国時間11月21日,同社傘下のAOLの幹部人事について発表した。AOL社長兼COO(最高執行責任者)に,Time Warner業務担当上級バイス・プレジデントのRon Grant氏が就任する。

 Grant氏は,Time Warner社長兼COOのJeff Bewkes氏と密に連携しながら戦略立案やデジタル化,業務効率化などに取り組み,AOLの広告主軸戦略で重要な役割を果たしてきたという。Time Warnerに移る前は,旧America Online(現AOL)で業務および開発担当上級バイス・プレジデントを務めていた。

 ちなみにAOLでは,会長兼CEO(最高経営責任者)が交代したばかり。同社を4年間率いてきたJonathan Miller氏が辞任し,元米NBC Universal Television Group社長兼COOのRandy Falco氏が新たに就任した。

 Falco氏は今回の人事について,「AOLの事業とインターネット業界を深く理解しているGrant氏は,AOLが新戦略を実行する上で欠かせない存在となる」と述べた。

[発表資料へ]