PR

 米IBMは,超過勤務手当の未払いを理由に訴えられていた集団訴訟において,原告側に6500万ドルを支払うことで和解する。IBMが米国時間11月22日に明らかにしたもの。

 この訴訟は,IBMの技術サービスおよび情報技術の専門職を担当する元従業員と現職の従業員が起こした。原告によると,本来は超過勤務手当を支払われる区分の従業員であるはずなのに,支払いの対象から外されていたという。原告は手当の支払いなどを求め,2006年1月に米連邦カリフォルニア州北地区地方裁判所でIBMを訴えた。

 IBMは,原告と合意した計算式に従って超過勤務手当を算出し,合計6500万ドルを支払うことで和解する。ただしIBMは違法行為や責任を認めておらず,「この係争が長引くと負担や費用が大きくなるため和解に応じた」としている。

[発表資料へ]