PR

 米IDCは米国時間11月21日,2006年第3四半期における世界サーバー市場に関する調査結果を発表した。工場出荷時の売上高は129億ドルで,前年同期に比べ3.5%増だった。

 好調の要因についてIDCは,ハイエンド・サーバーと,売上高が前年同期比29.9%増のブレード・サーバーを挙げる。また,多くの地域で売上高が増え,日本を除くアジア太平洋地域は同13.7%増,EMEA(欧州,中東,アフリカ)は同4.8%増だった。

 ただし世界出荷台数は前年同期比7.4%増にとどまり,9四半期連続で成長率が鈍化しているという。「この傾向は,全世界でサーバーの仮想化と集約が進んでおり,ボリューム・サーバー(価格2万5000ドル未満)の出荷台数が安定期に入ったことを反映している」(IDC)

 サーバーの種類別に売上高をみると,ハイエンド・サーバー(価格50万ドル以上)は9.1%増で,2004年第3四半期から初めて増加に転じた。ボリューム・サーバーは同3.8%増となり,2002年第3四半期以降で最も低い成長率だった。ミッドレンジ・サーバー(同2万5000~49万9999ドル)は同2.3%減で,4四半期連続で減少している。

 OS別の売上高は,Windowsサーバーが48億ドル(前年同期比4.6%増),Linuxサーバーが15億ドル(同5.4%増),UNIXサーバーが39億ドル超(同1.7%減)だった。

 x86サーバーの市場規模は,前年同期比4.8%増の66億ドル。サーバーに搭載されているプロセサの内訳は,米AMD製プロセサが全体の19.8%,米Intel製プロセサが80.2%だった。

 またItanium(EPIC)ベースのサーバーは,売上高が7億ドルを超え,前年同期比23.8%増となった。現在,非x86サーバー分野で11.2%のシェアを占めている。

 メーカー別の売上高は以下の通り。


■世界サーバー市場のメーカー別工場出荷時売上高(単位:100万ドル)
=============================================================================
順位     メーカー              2006年Q3              2005年Q3         成長率
                           売上高  市場シェア    売上高  市場シェア
-----------------------------------------------------------------------------
1 IBM                       4,279   33.1%       4,013    32.1%       6.6%
2 Hewlett-Packard(HP)     3,398   26.3%       3,472    27.7%      -2.1%
3 Dell                      1,357   10.5%       1,308    10.5%       3.8%
3 Sun Microsystems          1,295   10.0%       1,118     8.9%      15.8%
5 富士通/
  Fujitsu Siemens Computers   690    5.3%         758     6.1%      -9.0%
-----------------------------------------------------------------------------
その他                      1,925   14.9%       1,843    14.7%       4.4%
合計                       12,945  100.0%      12,513   100.0%       3.5%
=============================================================================
出典:IDC,2006年11月

[発表資料へ]