PR

 米Salesforce.comは米国時間11月27日,統合ソリューション「ApexConnect」を発表した。同社が10月に発表したオンデマンド・プログラム言語プラットフォーム「Apex」を拡張するもの。オンデマンド・アプリケーションとバックエンド・システムを統合するツール群を提供する。

 ApexConnectは,アプリケーションの統合を支援するためにアウトバウンド・メッセージングAPIの「ConnectOut」,Oracleのバックオフィス・システムと統合するための新しいコネクタ「ConnectOracle for integrating Salesforce with Oracle 11i」などを提供する。

 アウトバウンド・メッセージングAPIのConnectOutにより,新規顧客の記録作成などのSalesforceにおけるビジネス・イベントを,ミドルウエア・システムやメッセージ・バスといったアプリケーションにリアルタイムで通知できるようになる。複数のシステムにまたがるビジネス・プロセスを遅れることなくシームレスに実行できるという。

 ConnectOracleは,SalesforceとOracle 11iを統合するコネクタ。Oracleのバックオフィス・システムに接続してデータの統合,同期,顧客データへのアクセスなどが可能となる。同社はこれまでに,SalesforceとOffice,Outlook,Lotus Notes,SAP R3を統合するコネクタを発表している。ConnectOracleは,Salesforce Enterprise EditionとUnlimited Editionユーザー向けに2007年初旬からオプションで提供される予定。価格は年間1万2000ドルから。

 ApexConnectは,Apexプラットフォームのマルチテナント型アーキテクチャによって実現したという。シングルテナント型のプラットフォームと異なり,単一のインフラとコード・ベースを共有するため,一元的に管理できるようになるという。

 Apexプラットフォームは,Salesforceの次期バージョン「Salesforce Winter '07」と同時に公開される予定。開発言語のApexは,2007年前半にリリース予定となっている。

発表資料へ