PR
[画像のクリックで拡大表示]

 任天堂の新たなビデオ・ゲーム機「Wii」は,米大陸における販売台数が最初の8日間で60万台を突破した。任天堂が米国時間11月27日に発表したもの。同社によれば,「11月19日に発売を開始して以来,1秒ごとに1台売れている計算になる」。

 同社米国法人Nintendo of Americaの社長であるReggie Fils-Aime氏は,「60万台を超えても需要は供給を上回り続けている」と述べる。「対応ソフトウエアやアクセサリの販売を含めると,Wiiは米大陸ですでに1億9000万ドル規模の事業となっている」(同社)。

 米メディア(CNET News.com)の情報によると,Wiiの米大陸向け販売価格は250ドルで,ソニー「PlayStation 3」のローエンド・モデルと比べ約半額。ちなみにPlayStation 3の米国リリースはWiiの2日前だった。ソニーは,今のところ北米販売台数を明らかにしていないが,年内に100万台出荷を目指している。

[発表資料へ]