PR

 米Microsoftのインターネット事業MSNおよびWindows Liveオンライン・サービス事業は,アジア地域におけるブログの現状について調査した結果を現地時間11月28日に発表した。それによると,同地域ではインターネット利用者のおよそ46%がブログを公開していることが明らかになった。ブログは社会現象となっており,社会的なつながりを広げたり自己表現の手段として活用したりしているという。

 調査の結果,ブログを始めた理由は,「日記や写真を親しい人たちと共有したい」(53%)が最も多かった。ブログ・サービス利用者(ブロガー)の41%は,週3時間以上をブログに費やしている。ブロガーを年齢別にみると,25歳未満が56%,25~34歳が35%で若者が中心となっている。35歳以上は9%だった。性別では,女性が55%に対し男性が45%だった。

 大半のブログの訪問者は少なく,訪問者数が週10人未満のブログが40%以上となっている。しかし,韓国では,1週間に50人以上が訪問するブログが11%,250人以上が12%を占めている。

 回答者が最も興味を持っているブログは,友人や家族が書いたブログ(74%)で,2位は同僚のブログ(25%)だった。韓国とインドでは,自分が興味を持つ話題を扱っているブログに対する人気が最も高かった。

 政治家のブログに対する関心は14%とあまり高くない。しかし,マレーシアでは20%が興味を示している。スポーツ選手のブログへの関心も8%にとどまった。インドでは,回答者の半数が最も興味のあるブログとして企業リーダーのブログを挙げており,韓国でも関心が高かった。ほかのアジア諸国では,ビジネス・ブログに対する関心はおよそ25%だった。

 そのほかにも,回答者の半数は,ブログの内容を従来のメディアと同じぐらい信頼できると考えていることが明らかになった。さらに25%は,ブログをいち早くニュースや時事問題を知るための手段として考えていることも分かった。

 調査は,同地域の7市場におけるMSNポータルの訪問者2万5000人以上を対象に,2006年8月から9月にかけて実施した。

発表資料へ