PR

 南カリフォルニア大学Annenberg School Center for the Digital Futureは米国時間11月29日,インターネットが人々の生活に与える影響について調査した結果を発表した。それによると,オンライン・コミュニティに参加する米国インターネット・ユーザーの43%が,「オンライン・コミュニティは現実世界のコミュニティと同じぐらい重要だと強く感じている」という。

 オンライン・コミュニティのメンバーは,オンライン・コミュニティへの参加を機にオフライン活動を行う傾向がある。20.3%が「年に1回以上,参加コミュニティでのテーマに関わる活動をオフラインで実施した」と回答した。また,社会問題に関するコミュニティのメンバーの64.9%はオンライン参加をきっかけに社会活動に関わるようになった。さらに,オンライン・コミュニティ・メンバーの43.7%が社会活動に参加する頻度が増えたと述べている。

 オンライン・コミュニティ・メンバーの56.6%は「1日に1回以上」コミュニティにログインする。ログイン中に「ときどき」または「毎回」他のコミュニティ・メンバーと交流する人は70.4%。

 自分から情報発信するインターネット・ユーザーも増加傾向にある。インターネット・ユーザー全体のうち,ブログを開設する割合は2003年の3.2%から7.4%に,写真を公開する割合も11%から23.6%へとそれぞれ倍以上に拡大した。個人Webサイトを開設するユーザーの割合も着実に増えており,12.5%にのぼる。

 オンラインで知りあったがまだ直接会ったことがない友達の数は平均4.65人。オンラインで知りあって直接会うようになった友達の数は平均1.6人だった。

[発表資料へ]