PR

 米iCrossingが米国時間11月30日,米国成人のオンライン・メディア消費に関する調査結果を発表した。それによると,最も人気のあるオンライン・コンテンツは音楽とビデオだったという。

 調査結果では,46%の米国人がオンライン・メディアを視聴したり,ダウンロードするコンテンツを検索したりしていた。そのうち実際にコンテンツを購入あるいは試用したことがあるのは58%。

 人気の高いオンライン・メディアのトップは音楽(33%)。それにビデオが肉迫している(31%)。ビデオには,映画やテレビ番組,スポーツのライブ中継や録画放送などが含まれる。

 その他のコンテンツでは,ニュースクリップ,ラジオ,ポッドキャスト,ビデオクリップ(米YouTubeなどが提供する短時間の自主制作ビデオなど)の人気が高く,今後ますます重要性が高まっていく傾向にあると,iCrossingでは分析している。

[発表資料へ]