PR

 米NVIDIAは,グラフィックス・プロセサ(GPU)とグラフィックス・カード事業において独占禁止法(独禁法)違反の可能性があるとして,米司法省(DOJ)から調査のための召喚状を受け取った。NVIDIAが米国時間12月1日に明らかにした。米AMDも同時期,グラフィクス市場における独禁法違反の疑いで,DOJから召喚状を受け取っている。

 NVIDIAは「違法行為に関する具体的な主張をDOJから聞いていない。調査には協力する」としている。

 この件に関する米メディアの報道は以下の通り。

New York Times:米AMDもNVIDIAと同じくDOJから召喚状を受け取った。同メディアは,AMDとNVIDIAがGPU市場の約25%を占めていると報じている。

InfoWorld:DOJは調査の詳細を公表しておらず,ある業界アナリストは価格操作の可能性を指摘した

CNET News.com:米Intelの関係者が「当社は(GPU事業の独禁法違反)調査に関するDOJの召喚状を受け取っていない」と述べた

internetnews.com:NVIDIAは世界GPU市場で第3位の規模を持つメーカー。同社は11月第5週に,ストック・オプションに関する不正な会計処理があったとして,2000~2006年の収入を1億2700万ドル修正したという

[発表資料へ]