PR

 経済協力開発機構(OECD)は米国時間12月4日,中国の研究開発費に関する調査結果を発表した。それによると,2006年に中国は研究開発費で日本を抜き,米国に次いで世界2位につける見通しだという。

 OECDは,2006年に米国の研究開発費が3300億ドル強,中国が1360億ドル強,日本が約1300億ドルになると推測する。またフランス,ドイツ,英国を含むEUの15カ国は2300億ドル強とみる。

 GDP(国内総生産)で研究開発費が占める割合を見ると,中国は1995年の0.6%から2004年には1.2%以上へと,倍増している。同国の年間経済成長率9~10%を上回る勢いで伸びているという。

 また,研究者の数が最も多いのは米国(130万人以上)だが,中国が92万6000人でそれに続く。なお,中国における研究者の数は1995年から2004年にかけて77%増加した。

発表資料へ