PR

 イスラエルのZend Technologiesは米国時間12月6日,PHP統合開発環境(IDE)の新版「Zend Studio 5.5」の提供を開始した。Zendが同日明らかにしたもの。Javaアプリケーション/Webサービスとの連携を強化するなど,30件以上の機能追加や改善を行ったという。

 Zend Studioは,PHPアプリケーション開発用の編集/デバッグ/解析/最適化/データベース・ツールで構成するIDE。Zendでは「唯一のプロPHP開発者向けIDEであり,PHPアプリケーションのライフサイクル全体に必要な開発コンポーネントをすべて備える」としている。

 新版はJavaアプリケーション向けの機能を強化し,Javaパッケージ/クラスに対応するコード補完機能を設けた。PHP統合プラットフォーム「Zend Platform」用イベント・リストでPHPランタイム・イベントを表示する機能や,PHPアプリケーション開発フレームワーク「Zend Framework」向けコード補完機能も搭載した。

 そのほかには,チーム開発支援機能の改善,PHP 5.2対応,米Intel製プロセサ搭載Macintosh対応を行った。対応OSはWindows,Mac OS X。

 価格は「Standard」エディションが99ドル,「Professional」エディションが299ドル。

[発表資料へ]