PR
W-CDMA HSDPAとGSM/GPRS/EDGEのデュアル端末「G361」
W-CDMA HSDPAとGSM/GPRS/EDGEのデュアル端末「G361」
[画像のクリックで拡大表示]
USB接続型のHSDPAモデム「D301」
USB接続型のHSDPAモデム「D301」
[画像のクリックで拡大表示]
HSDPAと無線LANのデュアル端末「G381」
HSDPAと無線LANのデュアル端末「G381」
[画像のクリックで拡大表示]

 香港で開催中の「ITU TELECOM WORLD 2006」会場で,香港メーカーのGiant Electronics(嘉音電子)はW-CDMA HSDPAとGSM/GPRS/EDGEのデュアル端末「G361」などを出展,注目を集めている(写真1)。同社の李志誠(ローレンス・リー)シニア・マーケティング・マネージャーは,「これはすでにワーキング・モデル。ヨーロッパや,日本,台湾,フィリピンなどを含むアジア市場へ売り込みたい」とする。

 G361は重さが95gで,200万画素のカメラやビデオ電話用のサブ・カメラなどを備える。Bluetooth 2.0による近距離通信やMP3/MP4ファイルの再生,Javaアプリケーションの実行が可能。WebブラウザやPOP3/IMAP4をサポートする電子メール・クライアント,MSNやYahoo!対応のインスタント・メッセンジャーも利用できる。W-CDMA HSDPA時の待ち受け時間は250時間,連続通話は3.5時間である。

 同社はこのほかにも,USB接続型のHSDPAモデム「D301」を展示(写真2),パソコンに接続してデモを披露していた。2007年第2四半期に出荷する予定である。

 加えて,まだワーキング・モデルではないが,HSDPAと無線LAN(IEEE 802.11b/g)のデュアル端末「G381」も出展した(写真3)。G381はGSM/GPRS/EDGEもサポート。同端末は「数カ月後に発売する予定」(李氏)としている。