PR

 米comScore Networksは米国時間12月7日,ホリデー・シーズンにおける米国Webサイトのオンライン支出(旅行関連は除く)に関する調査結果を発表した。それによると,今年の11月1日~12月5日のオンライン支出は137億ドルに達し,前年同期間と比べ25%増加したという。

 comScore Networks会長のGian Fulgoni氏は,この結果を受けて次のように述べた。「消費者のオンライン支出は前年比25%成長して,引き続き好調だ。12月4日(サイバー・マンデー翌週の月曜日)は6億4700万ドルの売上を記録し,1日の売上としては最高記録を記録した。これは昨年の同じ日に比べて26%の増加にあたる」

 2006年は,年初からオンライン支出が好調で,10月までの時点で前年比24%の増加を記録した。11月1日~12月5日の結果に基づいて算出したホリデー・シーズン(11月,12月)全期間における支出も,2005年を24%上回る見通しだという。

■表1 11月1日~12月5日における米国オンライン支出
--------------------------------------------------------------------------
                                 支出(単位:10億ドル)
                                 2005年          2006年           成長率
--------------------------------------------------------------------------
11月1日~12月5日                 10.98           13.68             25%
--------------------------------------------------------------------------
出典:comScore Networks

■表2 2006年の米国オンライン支出
--------------------------------------------------------------------------
                                 支出(単位:10億ドル)
                                 2005年          2006年           成長率
--------------------------------------------------------------------------
1月~10月                        62.6            77.5              24%
ホリデー・シーズン(11月,12月) 19.6            24.3              24%
--------------------------------------------------------------------------
注)ただし2006年ホリデー・シーズンの支出および成長率については推測値
出典:comScore Networks

[発表資料へ]