PR

 米Oracleは,銀行向けソフトの開発を手がけるインドi-flex solutionsに対する株式買収提示価格および株式取得数量を引き上げた。Oracleが米国時間12月7日に明らかにしたもの。「引き上げ後の提示額は従来より42%高い」(Oracle)という。

 Oracleは2005年8月に,i-flexを買収する計画を発表。同年12月末にはi-flex株式の約43%を取得し,2006年8月には所有率を52.5~55.1%に拡大した。

 同社は9月に,さらにi-flex株式の20%を取得する意向を表明(関連記事)し,1株あたり1475ルピー(約33ドル)で公開買い付けを開始。今回は,提示額を2100ルピー(約47ドル),目標取得株式数を約35%に拡大した。公開買付は12月23日まで実施する。

 OracleのCEO,Larry Ellison氏は「これが,i-flexの株主にとって当社の公開買い付けに応じる最後の機会だ」と述べている。

[発表資料へ]