PR

 米Gartnerは米国時間12月14日,世界中の大手企業約1500社の2007年IT予算に関する調査結果を発表した。それによると,2007年のIT予算は前年比2.8%増にとどまる見通し。同社は2006年上半期に,2007年のIT予算を同6%増と予測していたが,これを下方修正する。

 2007年のIT関連支出の見通しは業界によって大きく異なる。最も拡大幅が大きい業界は「メディア」で,前年比6.9%増加(2006年は4%増加)。最も縮小幅が大きい業界は「消費者製品」で,同5.6%減少(2006年は8%増加)とみる。

 調査は,20以上の業界にわたる売上高10億ドル以上の企業約1500社を対象に実施した。


■2007年における企業IT予算の成長率
業界                 2006年との比較
-----------------------------------------------------
消費者製品              -5.6%
食品/飲料加工          -0.4%
保険                     0.6%
政府                     1.3%
公共事業                 1.5%
電子機器                 2.1%
金属/天然資源           2.2%
専門業種                 2.5%
教育                     2.7%
電気通信                 2.8%
製造                     2.8%
エネルギー               3.0%
銀行/金融サービス       3.2%
情報技術                 3.6%
輸送                     3.6%
建設/エンジニアリング   3.8%
小売                     5.0%
ホテル/旅行             5.1%
化学薬品                 5.4%
医療                     5.6%
薬品/医療器具           6.4%
メディア                 6.9%
---------------------------------------
全業界の平均             2.8%
=======================================
出典:Gartner Benchmarking(2006年12月)

[発表資料へ]