PR

 任天堂とノルウェーのOpera Softwareは米国時間12月22日,ゲーム機「Wii」用のWebブラウザ「Opera」(ベータ版)の無償提供を開始する。任天堂が12月19日に明らかにしたもの。同ブラウザは,Wiiの「Wii Shop Channel」画面からダウンロードできる。

 同ブラウザをダウンロードすると,メニュー画面「Wii Menu」内で「Internet Channel」が有効になり,テレビでWebサイトを閲覧できる。Flashコンテンツにも対応している。

 動きセンサー付きリモコン「Wii Remote」による操作が可能で,リンクのクリックや,画面上の好きな範囲のズーム・アップが可能である。画面にソフトウエア・キーボードを出して,テキストも入力できる。

 同ブラウザの最終版は,2007年3月末に利用可能とする。2007年6月末までに限り,全Wiiユーザーに無償で提供する。2007年7月からは,Wii Shop Channelにて500 Wiiポイントで販売する。

 米メディア(CNET News.com)によると,500 Wiiポイントは約5ドルに相当するという。また,同メディアは,任天堂が最終的には携帯用ゲーム機「Nintendo DS」向けのOperaを提供する予定と報じている。

[発表資料へ]