PR

 フロリダ州ニューオーリンズ市が,市営Wi-Fiネットワーク・サービスの正式運用を開始した。同サービスのメッシュ型Wi-Fiネットワーク構築を担当した米EarthLinkが米国時間12月21日に明らかにしたもの。同社は12月19日にも,カリフォルニア州ミルピタス市における同様のWi-Fiネットワークの正式運用開始を発表している。

 EarthLinkによると,ニューオーリンズのWi-Fiネットワークは約20平方マイル(約52平方キロメートル),ミルピタスのWi-Fiネットワークは約10平方マイル(約26平方キロメートル)。各ネットワークがカバーする地域の居住者は,月額利用料21.95ドルで上り下りとも最大1Mbpsの「EarthLink Wi-Fi」サービスを利用できる。8つのメール受信箱と各種セキュリティ・ツールを含むサポートが付属する。訪問者向けには,各種従量制プラン(1時間3.95ドル~3日間15.95ドル)を用意する。

 なおニューオーリンズでは,居住者,企業,訪問者が利用可能な無料の無線接続も提供する。最大通信速度は300Kbpsで,広告の挿入はない。

 ミルピタスでは,サービス開始から30日間限定で,EarthLink Wi-Fiを無料開放する。

 EarthLinkは6月にカリフォルニア州アナハイム市でEarthLink Wi-Fi提供を開始しており(関連記事),「当社が今年手がけた市営Wi-Fiネットワークはニューオーリンズで3件目となる」(EarthLink)。

[発表資料(1)]
[発表資料(2)]