PR
写真1●Blu-ray DiscとHD DVDの両規格に対応するプレーヤ「BH100」
写真1●Blu-ray DiscとHD DVDの両規格に対応するプレーヤ「BH100」
[画像のクリックで拡大表示]
写真2●LG電子のLee Hee-Gook社長兼最高技術責任者
写真2●LG電子のLee Hee-Gook社長兼最高技術責任者
[画像のクリックで拡大表示]

 韓国LG電子は7日,「2007 International CES」で開いた記者会見で,世界初となるBlu-ray DiscとHD DVDの両規格に対応するプレーヤ「BH100」を発表した(写真1)。2月の第1週に米国で発売する。価格は1199米ドル。

 Blu-ray DiscとHD DVDはいずれも次世代DVDの規格だが,両規格の間に互換性がなく,消費者の混乱を招くと懸念されてきた。LG電子のLee Hee-Gook社長兼最高技術責任者は「当初はBlu-ray Discプレーヤとして開発を始めたが,開発チームが検討した結果,HD DVDとの両対応が消費者の要望にかなうと判断した」とする(写真2)。

 BH100は青色レーザーと赤色レーザーの光ピックアップをそれぞれ内蔵し,Blu-ray DiscとHD DVD,現行DVDの3種類のメディアを再生できる。LG電子によると,技術的にはCD再生用光ピックアップの内蔵も可能であるとしているが,今回の製品では搭載しなかった。なお,メディアの種類はBH100が自動判別する。

 またLG電子は,パソコン用のBlu-ray DiscとHD DVD両対応のドライブ「GGW-H10N」も発表。2007年第1四半期に発売する。価格はBH100と同じ1199米ドル。同製品はBlu-ray Discの読み出し/書き込み,HD DVDの読み出し,CDとDVDの読み出し/書き込みに対応する。