PR

 米MicrosoftのMacintosh Business Unit(Mac BU)部門によると,米Appleの「Macintosh」に対応したオフィス・スイートの最新版「Microsoft Office 2008 for Mac」は,2007年後半リリースに向けて順調に開発が進んでいるという。Microsoftが1月9日に明らかにした。

 Microsoft Office 2008 for Macは,米Intel製プロセサ搭載Macintosh(Intel Mac)とPowerPCプロセサ搭載Macintoshの両方をサポートする,初のユニバーサル版Office for Macとなる。

 新版は,ボタンをクリックしてプロによるデザインの図形を手軽に追加できる機能「Office Art 2.0」や,「2007 Microsoft Office」における「Ribbon」のようにツールや機能への簡単なアクセスを提供するユーザー・インタフェース「Elements Gallery」を備える。

 また,2007 Microsoft Officeと同様にOffice Open XML Formatを採用する。

 そのほか,Word用の多彩なレイアウト・ツール「Publishing Layout View」,Excel用の財務テンプレート「Ledger Sheets」,スケジュールなどを表示するアプリケーション「My Day」など,「Windows向けには無いMacintosh向けのみの機能も用意する」(Microsoft)。

[発表資料へ]