PR

 米Brocade Communications Systemsは米国時間1月8日,ネットワーク・アクセラレーション技術を手がける米SilverBack Technologiesを買収したと発表した。買収金額は明らかにしていない。買収により,Brocadeは企業顧客向けストレージ製品の拡充を狙う。

 SilverBackは,米カリフォルニア州キャンベルを拠点とする非公開企業。ネットワーク・ストレージ環境におけるデータ伝送速度を高速化するネットワーク・プロセッサを開発している。BrocadeのCTO(最高技術責任者)であるDan Crain氏は,「SilverbackのiSCSI環境における技術と専門知識により,コスト効率に優れた新しい製品群を提供できるようになるだろう。製品ポートフォリオの拡大により,顧客により多くのオプションと機能を提供する」とコメントしている。

 今回の買収は,Brocadeにとって過去10ヶ月において3社目の買収となる。Brocadeは2006年3月,ファイル管理ソフトウエアの米NuViewを買収。同年8月には,SANソリューションを手がける米McDATAを買収することで合意に達したと発表している。

発表資料へ