PR

 米Microsoftが米国時間1月9日,オンライン地図サービス・プラットフォーム「Virtual Earth」のデータを更新し,米国内の画像解像度を高めると発表した。これにより,Virtual Earthベースのサービス「Live Search Maps」で,より詳しい地形の状況が閲覧できるようになるという。

 画像データの更新は,航空/衛星写真のプロバイダである米GlobeXplorerとの契約により実現した。GlobeXplorerはMicrosoftに,米国内を対象とする40万平方マイル(約104万平方km)以上の航空写真を提供する。

 新たな航空写真データは,今後数カ月かけてVirtual Earthに登録していく。

[発表資料へ]