PR

 米McAfeeは米国時間1月8日,新たに幹部人事について発表した。経営陣を強化することで,新しい製品やサービスの開発,および経営とビジネス・インフラの効率化を進めるのが狙い(同社)。

 CSO(最高セキュリティ責任者)にはMartin Carmichael氏を任命。知的資産,財政的利害,企業評価の保護などを含むITリスク評価やコンプライアンスなどを担当する。CPO(最高プロセス責任者)にはBill Curtis氏が就任し,社内全体のビジネス・プロセス改善プロジェクトなどを管理する。

 バイス・プレジデント兼CTE(チーフ・テクノロジ・エバンジェリスト)にはCarl Banzhof氏が就く。セキュリティ・リスク管理製品群の開発チームの支援や,技術展望の対外的な説明などを担当する。

 同社では,ストック・オプション付与問題の調査結果を受け,昨年から幹部役員の入れ替わりが相次いでいる(関連記事)。

[発表資料へ]