PR
写真1●MediaZoneのMichelle Wu CEO。中国の名門,上海交通大学を卒業後,米プリンストン大学で物理学の博士号を取得。米ゼロックス・パロアルト研究所を経てインターネット・ビジネスの世界に入ったという華麗な経歴を持つ
写真1●MediaZoneのMichelle Wu CEO。中国の名門,上海交通大学を卒業後,米プリンストン大学で物理学の博士号を取得。米ゼロックス・パロアルト研究所を経てインターネット・ビジネスの世界に入ったという華麗な経歴を持つ
[画像のクリックで拡大表示]
写真2●Social TVの画面。まだベータ版とあって,いくつかの不具合が見受けられる
写真2●Social TVの画面。まだベータ版とあって,いくつかの不具合が見受けられる
[画像のクリックで拡大表示]

 米MediaZoneは1月9日(米国時間),「2007 International CES」の会場で記者会見を開き,インターネットTVサービス「Social TV」ベータ版の公開を発表した。

 Social TVはSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)の発想を取り入れたTVサービス。ユーザーは配信される番組に対してレーティングやコメントを記述し,同時にその番組を見ている他ユーザーとのチャットなどが行える。ユーザー・インタフェースは動画投稿サイト「YouTube」などに似ているが,視聴できる動画はMediaZoneが用意した番組に限られる。ユーザーが動画を投稿する機能はない。

 現在,Social TVはニュースやスポーツ,エンターテインメント,「中国中央電視台」といった中華圏の番組などを配信。番組数は30を超える。動画配信にはコストが安く済むピア・ツー・ピア技術を使っている。

 同社のMichelle Wu最高経営責任者(写真1)は「YouTubeによってショート・ムービーが大流行しているが,長編でプロが作成した高品質の動画もまだまだ求められている」とコメント。Social TVでは「従来のテレビの利用形態とインターネットの特徴である双方向性を融合させた使い勝手で長編動画を配信できる」(Wu CEO)としている。

 Social TVの利用は無料。今後はテキスト広告の表示や,広告動画の配信を予定している。