PR

 米Microsoftは,中規模企業向けCRMソフトウエア「Microsoft Dynamics CRM」の次版「Titan」(開発コード名)について,技術導入プログラム(TAP)参加企業に対する事前提供を開始した。Microsoftが米国時間1月10日に明らかにしたもの。一般提供は,2007年中盤に始める予定。

 Titanは,ユーザーが構築したシステム上で運用する通常のアプリケーション形式のほか,Software as a Services(SaaS)形式でも利用可能とする。SaaS形式で利用する場合は,サードパーティがオンラインCRMサービスとして販売できる。SaaS版Titanは,1台のサーバーで複数のユーザー顧客にサービスを提供することが可能。

 Microsoftも,SaaS版TitanをCRMサービス「Microsoft Dynamics Live CRM」として提供する。同サービスは,米国で2007年なかばより利用可能とする。その他地域でのサービス提供時期などについては,後日発表する。

 Titan向けTAPの参加企業は,2007年第1四半期に約300社,同年第2四半期に1000社以上になるという。

 米メディア(InfoWorld)によると,Titan(製品名は「Dynamics CRM 4.0」になる見通し)の対応言語は24カ国語あり,単一システムで複数言語の混在が可能という。

[発表資料へ]