PR
写真1●SlingCatcherの背面。かなりコンパクトなサイズだ
写真1●SlingCatcherの背面。かなりコンパクトなサイズだ
[画像のクリックで拡大表示]
写真2●Slingplayer Mobileを使ってテレビ放送を再生しているところ
写真2●Slingplayer Mobileを使ってテレビ放送を再生しているところ
[画像のクリックで拡大表示]

 ソニー「ロケーションフリーTV」の競合製品「Slingbox」を販売する米Sling Mediaが,「2007 International CES」で有力な新製品を公表した。Windowsパソコンで再生するコンテンツをネットワーク経由でテレビにストリーミング表示できるセットトップ・ボックス「SlingCatcher」と,自宅で受信したテレビ放送を携帯電話機で視聴できるソフトウエア「Slingplayer Mobile」だ。

 Sling Mediaが販売する「Slingbox」は,テレビ放送を受信してデジタル・データに変換し,それをパソコンなどにストリーミング配信する装置である。ソニーの「ロケーションフリーTV」と同ジャンルの製品と考えてよい。テレビ・チューナーのほか,ビデオ・キャプチャ機能などを備えた製品を販売している。

 2007 International CESで発表したSlingCatcher(写真1)は,テレビにHDMI端子やD端子経由で接続するIPセットトップ・ボックス。SlingboxやWindowsパソコンにネットワーク経由で接続し,Slingboxが配信するコンテンツのほか,Windowsパソコンの画面などをテレビに表示できる。「Slingboxにデジタル・ビデオ・レコーダ(DVR)を接続すれば,DVRの動画をネットワーク経由で他のテレビで視聴できる」(Sling Mediaの説明員)という。

 同社では,Windowsパソコンの画面をネットワーク経由でテレビにストリーミング表示するSlingCatcherの機能を,「SlingProjector」と呼んでいる。「パソコン上に保存されているあらゆる動画コンテンツを,パソコンで再生しながらテレビでも再生できる。YouTubeのようなWeb上の動画コンテンツの再生も可能だ。デジタル著作権管理技術(DRM)で保護されたコンテンツも表示できる」(Sling Mediaの説明員)という。

 Sling MediaはSlingCatcherを,「2007年の半ばに,200ドル以下で発売する」としている。

自宅のテレビを携帯電話で見るソフトウエア

 もう一つの新製品であるSlingplayer Mobileは,携帯電話機を使ってSlingboxにアクセスし,ストリーミング動画を受信したり,Slingboxを操作してテレビのチャンネルを切り替えたりするWindows Mobile携帯電話機用のソフトウエアである(写真2)。価格は30ドル。ネットワークには,3G携帯電話によるインターネット接続,無線LAN,Bluetoothを使用する。

 Slingplayer Mobileをインストールして,ネットワーク設定などをした後は,Windows Mobileのメニュー画面から再生ソフトを起動できるようになる。外出先からSlingboxがストリーミングするテレビ放送のチャンネルを切り替えることも可能。