林@アイ・ティ・イノベーション代表です。こんにちは。

 「私の本当のやりたいことは何だろう」。「私が本当に実現したいことは何だろう」。私は働きながらつねに,こんなことを自問自答し,そして行動に移してきました。

 IT業界で働いている人は,みなヤル気が低下している,とも言われています。個人差は当然あると思いますが,私からのアドバイスとしては,ITの仕事で面白そうなこと,やりたいこと,実現したいことを主体的に探し,とにかく熱意を持って実行していけば,自分が生き生きと働ける“切り口”を必ず見つけられるということです。

 主体的に目標を持って実行して得られたものからのみ,本当にやりたいことが,見つかるのだと考えています。私はそうした姿勢で行動してきたおかげで,プロマネとして,コンサルタントとして,あるいは組織のリーダーとして,生き生きと働くことができています。私の先輩でも同僚でも部下でも,ITの世界で生き生きと働いている人は数多くいます。

 だからこそ,でしょうか。いま私はITにかかわる人みんなが生き生きと働ける方法や環境を整えるべく,活動を続けています。ITの仕事をやりがいのあるものにするためにはまず,「変革・改革」という視点に基づいて,一緒に働く人たちの仕事への姿勢を変え,仕事の仕組みを変革したり創造したりする必要がある---。このような結論に至りました。

 私は仕事に取り組むに当たって,次のような目標を掲げています。「プロジェクトマネジメントやシステム設計・開発の方法論や技術を通して,IT業界を変革すること」。「仕事を通してIT業界の経営者と技術者のマインドを変えること」。「社長の立場では,社員の成功を助ける役割を担うこと」。これらの本質を突き詰めて考えていくと,「人を変革し共に成長すること」こそが,私の仕事の源泉といえるでしょう。

 成長とは,これまでの自分の枠を超えることです。勇気を持って挑戦した結果,はじめて実現するものです。自社の経営もIT業界もまったく同じで,いろいろな人で構成されています。ですから私の目標は,「顧客側,提供者側という立場に関係なく,すべての人とともに変革を実行し,その人の成功を支援すること」とも表現できるでしょう。

 人の成功を支援することは一筋縄ではいきません。ただ私の経験から言うと,ポイントさえ押さえれば,人を成功に導く道筋は比較的見つけやすいものです。ポイントの一つ目は,その人自身が望んでいることや,どのように考え行動しようとしているかを明確にさせること。二つ目は,その人が自分の殻を破り,いままでの限界を超えるような決断を促すことです。私がそうしたポイントを発見できたのは,人の成功を支援するという目標を掲げてきたからでしょう。

 ちょっと横道にそれますが,最近プロマネの人々の間では,プロジェクトマネジメントの方法論や技術さえあれば大丈夫,と考える風潮があるように思います。確かにそれらは大切ですが,マインドがなければ何一つ役に立ちません。マインドとは,「心の姿勢」であると考えています。逆に,マインドを持っている人が方法論や技術を学ぶと,強力な相乗効果を得ることができるのです。

 マインドがない,という人はぜひ,自分のやりたいことや実現したいことを自答してみてください。そして,まずは仕事の目標を掲げてみてください。簡単には実現できない高い目標を掲げて働いていれば,次第に自分のなかにマインドが芽生えてきます。

 みなさんも時間のあるときに自分の内面を見つめて,「私の本当のやりたいことはなんだろう」,「私が本当に実現したいことは何だろう」,「私の目標は何にしようか」と考えてみてはいかがでしょうか。目の前にあるITの仕事の面白さや,やりがいを再発見するかもしれません。

 それでは,また。

【この記事はプロマネのポータルサイト「ザ・プロジェクトマネジャーズ」との連携コンテンツです】