PR
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]

 ITproの編集者の方から「ITpro Watcherに登場してほしい」との要請をいただいた。「日経コンピュータで約8年間日本のSEのあり方ついて連載され,今も馬場さんのファンは多い。そんな方々のために書いて欲しい」とのことだった。

 私は97年から日経コンピュータで,僭越ながら日本のIT企業のSEや情システム部のSEのあり方について言及してきた。そして「SEは技術馬鹿になるな,お客様や利用部門から頼りにされ信頼されてこそSEの存在価値がある」と主張してきた。図1図2に示したのが,私が説き続けてきた「目指すべきSEの姿」である。

 約8年間,日本のIT業界のSEやコンサルタントや情報システム部のSEのあり方について語り続け,少しは世論を動かすことができたのではないかと考えている。そして「その通りだ。自分もその姿を目指そう」と感じていただき,頑張っておられる方も少なくないと聞く。経営者や人事・教育関係者の中にも各種施策を考える時の参考していただいている方もいるという。

 ただし,要請を受けるとなるとそれ相当の覚悟が必要だった。書くネタはあるだろうか,また原稿の締切り日に追いかけられることになるのかと悩んだ。

 だが,編集の方から再三の要請をいただき,またシステム開発の丸投げや人月問題,学生がIT業界を敬遠する兆候,世界の中で20位と言う日本のIT活用度の低さなどの日本のIT業界の現状やユーザーの状況を思うと,IT業界や情報システム部の方々に少しでも助言・提言ができればと覚悟を決めてこのWactherを引き受けることにした。

 どんな展開になるかは定かではないが,なるべくITのプロの方々が日ころ忙しさにかまけ怠り易い点や,仕事の原点でありながら忘れ易い事柄などを書いてみたい。その意味でタイトルをITプロに贈る“今日の一言”としてみた。読者の皆さんのお役に立てば幸いである。

 なお,文中でSEやコンサルタントなどという表現を使うが,読者の方は両者を区別せずにお読みいただきたい。私はシステム開発や保守などを行うSEもシステム企画や上流工程などを行うコンサルタントも総称では“SE”だと考えている。ご了承いただきたい。