PR

 できるSEはお客様との間に“壁”を作らない。

 ”壁“とはSEがプロジェクトを行う際に「これは自分達の仕事。それはお客様の仕事」と線を引き受注した自分達の仕事の範囲しか考えないことである。言い換えれば,お客様がそのプロジェクトのためにやっている仕事には無関心で,お客様が困っておられても積極的には相談にものらないし助けもしない,そんな仕事のやり方を言う。そんな“壁”を作るSEに担当されたお客様は困っている。

 言うまでもないが,システム開発というものはお客様が主体的に行う“顧客分”と,ベンダー主体の“ベンダー分”,すなわち受注分があり,それをお互いが分業して行う。しかし両者の境目は仕事の性質上グレイでありきれいに線は引けない。そしてお互いの作業内容や進捗状況が相手に影響もする。

 従って,お互いがそれを意識して互いに気を配り助け合って仕事をして初めてシステム開発がうまく行く。そうでないと両者の間が漏れたり食い違ったりしていろんな問題が起こるし,日ころお互いがギクシャクして仕事をするようになる。

 SEが“壁”を作らず,例えばお客様との打ち合わせなどで「そんなやり方よりこうした方が良いですよ」とか「体制はこうした方が良いですよ」とか「利用部門の教育の仕方にはこんな事例がありますよ」などと助言したり,時には「何か困っておられることはないですか」と声をかけるなどを行うと両者がまとまり一体感が生まれる。するとお互いが“このシステムを必ず成功させるぞ”と一つのゴールに向かって助け合い励まし合って仕事ができ,プロジェクトがうまく行きやすくなる。

 プロジェクトを成功裡に導くにはこのチームワーク,一体感,団結心が非常に重要である。

 多くのSEは,その重要性を理解していると思う。だが,現実のIT企業のSEの取り組み方を見ると色んなSEがいる。お客様とのチームワークや一体感作りに努力しているSE,それを疎かにしているSE。中にはお客様と壁を作らないと「ワークロードが増える」「人工が増え赤字になる」などと思い込んでいる壁作りSEなどさまざまだ。

 しかし,チームワークや一体感をおろそかにしたり,壁を作ったりすることでそのプロジェクトがうまく行けばよいが,プロジェクト経験が豊富で技術力の強いユーザーを除けばなかなかそれは難しい。プロジェクトの途中で問題が起こったり,お客様と揉めたり,責任のなすりつけ合いになったり,赤字になったりするのが落ちだ。

 「お客様の相談に乗るとワークが増え赤字になりかねない」と考える人もいると思う。だが,多くのお客様はチームワーク良く一体感をもって仕事をしていれば,少々のことは助けてくれるものだ。逆にSEが壁を作るとお客様はそう簡単には譲らない。このことをぜひ考えてみてほしい。あえて言えば,お客様をリードするくらいやるのがプロのSEである。

 お客様がそのSEを信頼するかどうかを考えると,この“壁の有無”は大きい。今,日本のユーザーの中にはこのSEの“壁”の問題で困っているユーザーは少なくない。

 この“今日の一言”を読まれたSEの方は自分は,「今“壁”を作っていないか?」と自己点検してみてほしい。そして心当たりのある人は是非今日お客様の方に「何か困っていることはありませんか」と声をかけてみてほしい。またユーザーの方は外注先の現在のSEチームが“壁”を作っていれば,ぜひそのPMかSEマネジャと話し合ってみてほしい。それがきっとお互いのためにプラスになるはずだ。