PR
以前に筑波大学の近くにあった「角ふじ」のラーメン。100円追加で最大3kgまで麺を追加できる。写真では700gを注文。今はサイエンス大通り沿いにあります。
以前に筑波大学の近くにあった「角ふじ」のラーメン。100円追加で最大3kgまで麺を追加できる。写真では700gを注文。今はサイエンス大通り沿いにあります。
[画像のクリックで拡大表示]

 私は普段から,Skype関連のニュースを集めるようにしています。Skypeが好きということもありますが,Skypeを便利に使うために集めています。Skypeの最新バージョンの情報や,Skype関連ソフト,関連サービスの情報を知っておくと,Skypeをより楽しく使えるようになります。そこで今回は,私がSkype情報を仕入れるために利用しているWebサイトをご紹介しましょう。

 まず最初にチェックするとよいのは,Skype社の公式サイトです。Skypeの最新バージョンが更新されると,ここで告知が出るのでぜひチェックしてみてください。公式サイトの隠れた目玉は,「Share」(日本語版ではシェア)ページです(http://www.skype.com/intl/ja/share/)。Skypeユーザーの紹介ページやユーザー数などの情報があります。ちなみに,私のサイトではSkypeのダウンロード数をグラフにして公開していますが,このページから数値を取得しています。

 ShareページのSkype社公式日本語Blogには,日本の情報が詳しく載っています。Skype社の日本人スタッフが,最新情報を日々紹介しています。例えばこの間は,テレビでSkypeが紹介されるという話題が出ていました。このほか,Skype対応ツールに興味があれば,Skype社公式ページの「Extras Gallery」も覗いてみてください。Skypeにさまざまな機能を追加するソフトが紹介されています。

 公式サイト以外でお薦めなのが,Skype Journalです。このBlogには,世界中のSkype最新情報が毎日集まっています。英語のサイトですが,昨年に私の著書「入門 Skypeの仕組み」が発行されたときも,このサイトでNew bookとして紹介してくれました(参照記事)。

 「英語がちょっと苦手」という方には,HKさんの「SkypeNews」がお薦めです。日本のSkype情報を中心にした日本語のサイトです。 SkypeNewsは1日に何度も更新され,最新情報が掲載されているイチオシのサイトです。このほか,P2P技術の専門ニュースサイト「P2P Today」は,Skypeだけでなく,P2P,Web2.0など最新のITキーワードに関するニュースを取り上げています。

 毎日これらのサイトを読むのは大変ですが,たまにチェックしておくと,Skype通になるのはもちろん,面白いツールなども見つかります。ぜひみなさんも,Skypeの情報を探してみてください。