PR

 最近私は,要求開発アライアンスの執行委員になった。3月に発足した執行委員会は要求開発アライアンスの若手メンバーで構成され,要求開発方法論Openthologyの実践と普及に向けて活動を進めている。私が執行委員を積極的に引き受ける気になった理由は,要求開発に非常に期待し,自分の業務にぜひ役立てたいと思う半面,難しい,よく分からないという印象があるのを何とかしたかったからである。今回は,要求開発になぜ期待するのか,その理由について説明したいと思う。

ユーザーとベンダーの間の正しい関係は?

 私は今までSIベンダーのシステム・エンジニアとしてシステム開発に携わってきた。そこでエンドユーザーやシステム部門の方たちと打ち合わせをし,システムの仕様を決める際,よく疑問に感じたことがある。それは,「この機能は(はたまたシステムは),本当にユーザーの役に立つのだろうか?」である。

 お客様であるユーザー企業から作れと言われたら,それに逆らうことは簡単ではない。もちろん良いものを作るために,可能な限りの提案はする。しかし,「このシステム,作ってもあまり意味がないのではないでしょうか?」とまではなかなか口に出せないものである。そのため,「システムを作らなくても業務改善をするだけで十分なのでは?」などと思っても,そのまま開発を進めてしまう。システム開発に携わる方なら,一度はそういった経験があるのではないだろうか。

 もう一つ,大きな問題だと常々感じていることがある。ユーザー企業にとってSIベンダーというのは,「自分たちにどんなシステムが必要で,どう作ればよいかを知っているプロ」という誤解が存在するケースが多いことだ。SIベンダーは確かに「システム開発」のプロではある。が,残念ながら「どんなシステムがその企業にとって必要で,かつ有益か」を判断したうえで,それを作成するプロとは限らないのである。

 家を建てる場合を例にとると,業者に注文する際に「全部お任せしますので,私にぴったりの家を建ててください」と言う人はまずいないだろう。何が自分にぴったりなのかは,本人しか分からないからだ。いろいろ提案してもらったとしても,最終的に選択するのは本人である。逆にその選択をお任せにしてしまったら,自分にぴったりになるはずがない。

 しかし,なぜかシステム開発の現場では,「システムのことはよく分からないので,すべてお任せします。でも,ぴったりのものを作ってください。プロなんですから。」という姿勢で話をされることがよくある。冗談ではなく本当の話だ。しかもベンダー側もなぜかそれを否定しなかったりする。

 ユーザーとベンダーの間にこのような関係が成立し,本来お互いがよく話し合い,吟味する過程が省かれてしまった場合,システム開発がうまくいかないのは当然のように思える。だが現実にこういう状況に陥るケースはめずらしくない。関係を変えたいと悩みつつ,しがない1エンジニアの立場ではどうにもならないと,ジレンマにいつも悶々としていた。そんなときに出会ったのが,要求開発アライアンスである。

膝を突き合わせて一緒に検討することが重要

 要求開発は,「その企業にとって本当に必要なのはどんなシステムなのか」「何をどうシステム化すべきなのか」を明らかにし,吟味する過程を非常に重視している。また,要求開発アライアンスには,同じ目的意識を持つユーザー企業やシステム開発関連企業の有志が多数参加している。アライアンスでは,ユーザーとベンダーの関係を「お任せします」「はい,やります」という一方通行的な関係とするのではなく,膝を突き合わせて「一緒に検討し,作りましょう」という“コタツモデル”を築こうとしているのである。

 ユーザーにとって本当の意味で役に立つものを作りたいと切に願っている私にとって,要求開発との出会いはこの上ないチャンスの到来だと感じている。自分ひとりの力ではなかなか変えられないことも,アライアンスに参加している方々と力を合わせれば,本当に変えていくことができるかもしれない。そして,自分が誇れるようなシステムが作れるのではないか---。私は本当に期待しているのだ。

 次回は,私が執行委員を引き受ける気になったもう一つの理由である,なぜ要求開発が難しい印象を持たれているのか,またどうすればそれを取り除けるのかについて,自分の考えを述べたいと思う。

(眞庭 奈々子=要求開発アライアンス執行委員)