PR

 会社創業当時(私は創業スタッフでした)、「ハードウェアをどこで調達するか」ということで大いに悩みました。それ以降も、何か買う度にどこから調達するのか悩んだものです。個人的な買い物ならそれなりに楽しいのですが、法人としての買い物は個人の買い物と違ってTCO削減が重要なテーマになってきますので、リサーチなど本当に大変なことが多いです。

 当時を振り返ると、何をどう調達してよいやら本当にわけもわからなかった記憶があります。今と違って当時はダイヤルアップでインターネットに接続する時代だったので、ECもそんなに盛んではなく、とにかく様々なメディアを駆使して情報ソースを探した記憶があります。

 まずは秋葉原でサーバを探しましたが、店頭でサーバを売っているところは中古ならともかく新品はどこにもなかったです(店員さん曰く、サーバはカスタマイズが多く入るので通常店頭販売が難しいそうです)。次に技術系雑誌で販売店を探しましたが、選択肢が少なくて不安でした。よく名の通っている大企業なら安心だとは思ったのですが、サーバたった数台を購入するために来てもらうのに気が引けました。

 結局、その時は、秋葉原でそれなりに名の通っている代理店なら安心かと思って、そこから購入した記憶があります。無論、現在であればネット通販も豊富だし様々な情報が転がっているので、昔と比べるとずいぶんと楽になりましたが。

 ただし、そういった悠長な購買は、会社規模が小さい場合なら通用しますが、ある程度の会社規模で数百万円~数千万円以上の調達になると、技術的な意味でも相場価格の把握という意味でも、代理店さんからいろいろ教えてもらわないと調達が不可能になります。以前数億円規模のサーバ購買に関わったことがありますが、そのときはさすがにわからないことだらけで、本当にいろいろなことを代理店さんから教えてもらいました。また、こちらが欲しい商品や実現したいことをなんとなく伝えておくと、それに合わせて提案をいただけることも大きなメリットです。

 そう考えると、いろいろ教えてくれる(&もちろん安く売ってくれたりきちんとサポートしてくれる)代理店の選定は、本当に重要になります。代理店の数は非常に多いので、どうやって選ぶのかということについては悩ましいテーマです。いろいろ経験しましたが、結局のところは誰かからの紹介やネット上で探す等で当たりをつけて、たくさんの代理店さんと実際にお会いして肌に合うところとお付き合いを続けるという方法が究極の王道のようです。

 良い代理店さんの条件をあえて挙げるとすれば、安くて情報豊富でアフターサービスが良いところです。当たり前ですよね。私はこれに加えて、経営が安定していて優秀な人材が多くて支払いのタイミングが遅い、という条件も意識するようにしています。