PR

 PDCA(Plan-Do-Check-Action)サイクルは様々な業界において利用されています。PDCAのいずれも重要ですが,ユーザー企業において特に重要なのがCheckです。

 ユーザー企業では,システム部門が主導するもの以外にも,日々IT関連業務が遂行されます。その中で需要に応じたプランが企画・設計され,実行され形になります。本来ならば次にCheckが必要です。形になった成果物が,プランしたものと比較して実際にはどうだったか,評価する必要があります。

 評価していると,ある事実が分かってきます。格安に実現できたプロジェクトは,リリース当初,経営者からは好評です。しかしシステムの運用段階に入ったときに,問題点が沢山発生します。開発は確かに成功していても,それを維持するための仕組みを設計の時点から盛り込んでいないプロジェクトは,維持することが困難になります。

 具体的にはトラブルの際に充分な対処ができないことになります。例えばトラブルの際に,インテグレータやベンダーに電話しても「担当者が外出しているので対応不可能だ」と言われたりするような羽目になります。

 どんなに経営者に不評であっても,設計時点から,運用に入ったときの工数を確保しておく必要があります。これを軽視し,トラブルのときに責任転嫁してもビジネスに発生した損失は戻って来ません。

 IT資産を充分に活用できているかチェックし,維持することの大切さを再認識しなければなりません。問題があった場合,減点するのでなく,維持するための工数を確保する努力をする必要があります。