PR

 先日公開した「プログラマはSEではない?」というエントリに対し,たくさんのコメントをいただきました。この場を借りて御礼申し上げます。コメント欄に私からの返答を書き込んだのですが,長くなってしまいすべてを載せ切れませんでした。そのため,こちらに私からコメントへのお答えを掲載させていただきたいと思います。

 念のため申し上げれば,わたしは,馬場さんをとても尊敬しております。わたしが自社(ユーザー企業)のシステム部門のあり方にたいして悩んでいるとき,日経コンピュータの馬場さんの記事を目にしてとても感動し,編集あてにメールを出したことがあります。

 当時の副編集長さんのご好意もあり,直接馬場さんに送信していただいた上に,返信をリアルタイムでいただいたことがあります。そのメールを今でも大切に保存しています。

 ただ汎用機時代のシステム開発ならいざ知らず,現在のオープンシステムを基軸としてシステム開発において,ここまでが設計者の役割で,ここからがプログラマの担当です・・というきれいなプロジェクトなどあるのでしょうか??

 開発環境が毎年のように激変する世界で,プログラマが抱える仕事は,深さ広さを増し,設計者の仕様を補完するような役割も担っています。「プログラマがSEでない」というのは,おかしいと感じました。なぜ,反論する人が少ないのか逆に疑問に思います。(20年かかって,技術者は反論できることが大切だと思うようになりました。一生懸命やっている領域のことであれば,批判などをそのまま肯定するということはないでしょう)

 確かにビジネスとして,職種を見たときに,ユーザーと調整して仕事をまとめること,プロジェクトを統括して案件を成功させることはとてもプライオリティが高く,こなせる人も少なく価値があることも肯定した上でのことです。

 最近,Googleなど新しいサービスの開発が話題になっていますが,現場の開発技術者として一生を送るというのも,価値のある生き方だと感じます。例えば東京タワーを建てるときには,日本中から優秀なトビ職人が集められたと聞きます。集められた職人は,誇りをもって仕事をしたでしょう。

 新しいサービスを作ることは華やかな仕事です。情報システムの開発や運用は一見地道な仕事ですが,切実に必要とされ,額に汗して働く人々を支えるシステムを作るものです。

 情報システム部門の技術者が,自分の仕事に誇りと責任を持ち働くことができる環境が,それを認める周囲の認識が絶対に必要です。プログラマは,単純労働者と本当に同格の仕事でしょうか?