PR
写真1 CCTVのインターネット放送
写真1 CCTVのインターネット放送
[画像のクリックで拡大表示]
写真2 PPLiveのクライアント
写真2 PPLiveのクライアント
[画像のクリックで拡大表示]

 前回はネット規制の話題を取り上げましたが,今回は中国のネット・サービスの進んだ面をご紹介したいと思います。特に,インターネット放送は非常に発達しており,自由放任と言っても良いくらいです。この分野に関しては,日本の数歩先を歩んでいるのではないでしょうか。

 その前に,中国のテレビ事情を簡単に説明しましょう。まず,北京など大都市の各居住区では多数のチャンネルを衛星放送などから受信できます。チャンネルには中国国営のテレビ局「中央電視台」(CCTV)のほか,北京など大都市のテレビ局,各省のテレビ局,各種の有料放送があります。マンションや職員住宅など地区によって見られるチャンネル数に多少の違いはありますが,多くの家庭では数十のチャンネルを受信できると思います。北京ではテレビを見ていると,CMの内容が成都の病院のもので,実は四川省のテレビ局の衛星チャンネルだった,ということが普通にあります。地方のテレビ局が配信する番組を北京でも視聴できるというのは大変面白く,すでにこの段階で日本よりも進んでいると感じます。

 各チャンネルではドラマ,スポーツ,音楽番組,ドキュメンタリーなどが放映されています。特に人気があるのは中国の時代劇や韓国ドラマ,オーディション形式の歌番組,卓球やバスケットボール,サッカーなどの球技番組のようです。全国ニュースはCCTVと各省のチャンネルで同じ時間に同じ内容のものが放送されます。ちなみに,日中戦争を描いた「抗日ドラマ」も毎日のようにどこかのチャンネルで放映されています。これでは中国人の対日感情が良くなるはずがありません。

 日本では放送利権や出演者それぞれに対する著作権・肖像権処理の問題のため,テレビ局のインターネット放送がなかなか本格化していないようです。一方,中国では早々にインターネット放送が始まっています。CCTVの番組はインターネット経由で見ることができます。日本の紅白歌合戦に相当する春節(旧正月)の番組では通常の放送に加え,インターネット経由の生放送(動画配信)と,生放送を追いかける形のダイジェスト版インターネット放送が実施されました。また,テレビと同じ内容の放送をインターネット放送で視聴できるWebサイトもあります(写真1)。

 例によって著作権の問題を抱えているようですが,P2P技術を利用した動画配信サービスもあります。

 例えば「PPLive」は専用クライアントをインストールすれば,無料でテレビ番組や映画などをインターネット経由で視聴できます。視聴できる内容は,CCTVの各チャンネル,各省テレビ局のチャンネル,中国大陸・台湾・香港・欧米・日本・韓国製などの映画,中国や外国製のアニメなどです。これらのP2P型動画配信サービスは中国大陸だけではなく,全世界の華僑や中国に興味のある外国人をもターゲットにしているようです。特にニュースの配信は中国政府の意見を海外に直送する媒体として,前述のCCTVのインターネット放送とともに,まさに現代の北京放送(かつて政治的なメディアとして大きな影響力があった海外向けラジオ放送。現在は中国国際放送局と呼ばれています)の役割を果たしていると思います。衛星放送で配信するよりもはるかに低コストで,視聴者側にとっても便利です。日本のテレビ局ももっと海外視聴者を意識して,本格的にインターネット放送に進出しないと,中国との情報戦で負けてしまうのではないでしょうか。

 ところで,再度書きますが,P2P型動画配信サービスのコンテンツ,特に海外製映画やアニメの著作権処理がどのようになっているのかが気になります。PPLiveの番組表を見ると,「灌籠高手」や「火影忍者」をはじめとして,多数の日本製アニメ番組も放送されているようですが・・・(参考リンク)。

 日本のIT系メディアでは「YouTube」や「ニコニコ動画」の話題が毎週のように取り上げられていますが,中国でも動画投稿・共有サイトが人気を博しています。私の知るところでは,「土豆網」や「我楽.com」が人気のようです。中国人の友人曰く「台湾や香港,日本の最新番組を追いかけるのに非常に便利だ」とのこと。最近の友人のお気に入りは「求婚大作戦」だそうです。これらのサイトにアップロードされている動画の名前を見ると「高達SEED」や「花様少男少女」などが見つかります。ちょっと新し目の番組から,日本での放送直後のものまで,数多くの番組がアップロードされています。この辺りの状況はYouTubeとまったく変わりません。
 
 さて,今回いくつかの日本の番組を中国名で記載しましたが,最後に日本名を書いておきます。いくつお分かりになったでしょうか?

「灌籠高手」・・・スラムダンク
「火影忍者」・・・NARUTO
「求婚大作戦」・・プロポーズ大作戦
「高達SEED」・・・ガンダムSEED
「花様少男少女」・花ざかりの君たちへ