PR

 XDev(クロスデブ)の開催まであと3カ月となりました。おかげさまでプログラムも少しずつ決まりつつあります。

 ところで,XDevのプログラム,講師や講演内容はどのように決まると思いますか? 今日はイベントの企画がどうやって決まっていくのか,簡単にご紹介しましょう。

 イベントの企画,例えば講演内容や講師などのコンテンツは,「企画委員会」や「コンテンツ委員会」などと称して,専門家や主催関係者を集めた委員会を作る方法が一般的です。

 専門家を集めることで,その分野ならではの意見を集約することができます。また,開催テーマにより適したプログラムを決められるからです。

 XDevでも「コンテンツ委員会」というものを作っています。企画や講師の選定にあたっては外部の専門家の意見も参考にしていますが,メインの委員会メンバーは,日経コンピュータ,日経SYSTEMS,日経ソフトウエア,ITpro,以上4誌(メディア)の記者(編集者)で構成します。

 それぞれの雑誌で専門記者が多くの企業や専門家を取材していますから,各雑誌の特徴を生かした企画やアイデアを出せるわけです。この点が,他のIT系イベントとは大きく違うところで,IT系雑誌を多く発行している弊社ならではの特徴ではないでしょうか。

 さて,下記はある日の「コンテンツ委員会」の様子ですが…。

XDev会議のようす

 全員真剣な表情ですねー。

 ちなみに,まだプログラムはすべて決まっていませんので,「こんな人の話が聞きたい」「こんなテーマの講演をやってほしい」など,希望がありましたら,ぜひコメント欄に投稿してください。企画の参考にさせていただきたいと思います。よろしくお願いいたします!