PR

 お待たせしました。XDev2008の公式サイトがオープンしました! こちらです。

 まずは大事なご報告。XDev2008の開催日は,9月4日(木)と9月5日(金)の2日間に決まりました。昨年よりパワーアップしています。また,開催場所も目黒雅叙園(東京都目黒区)に移っています。昨年とは異なるので,お間違えのないようにお願いします。なお,講演プログラムの公開と事前登録は今しばらくお待ちください。準備できしだい開始します。

ナビタイムジャパンの大西氏と失敗学の畑村氏が登場!

 さて開催が2日間になったことで,ぜひ注目してほしいのがノンジャンルのX-over講演です。今年はX-over講演のうち二つを「基調講演」と銘打って実施することにしました。

 まず,初日9月4日(木)の午前中の基調講演では,テレビCMや電車内広告でおなじみの経路検索サービス「NAVITIME」を展開する,ナビタイムジャパンの大西啓介CEOが講演します。

 NAVITIMEの経路探索サービスがとても便利であることは,使ったことのある方ならよくご存知でしょう。では,大西氏についてどうですか? 実は,大西氏は経営者であると同時に技術者でもあるのです。学生時代の研究テーマ「大規模道路ネットワークにおける経路探索アルゴリズム」をビジネスとして開花させたのが現在のNAVITIME。経路探索サービスの世界標準も視野にいれる独特の手腕は,多くのITエンジニアの皆さんの共感を得るでしょう。必見ですよ。

 続いて2日目,9月5日(金)の午前中の基調講演では,「失敗学」や「技術の伝え方」などで知られる,畑村洋太郎氏が講演します。

 畑村氏といえば,六本木ヒルズの回転ドアの事故究明などで有名ですね。2001年に畑村創造工学研究所を,続いて2002年にNPO法人失敗学会を設立して,失敗知識活用の活動を積極的に展開されています。最近では,『畑村式「わかる」技術』や『みる わかる 伝える』などの著作でご存知の方も多いでしょう。今回は,開催テーマ「持続可能なシステム開発」に沿って「システム構築の失敗学」というタイトルでご講演いただきます。分かりやすい語り口の中に,本質を鋭く説く畑村氏の講演は,多くのITエンジニアにとって役立つものとなるはず。見逃せません!

 公式サイトでは,これから随時,最新情報をアップしていきます。ぜひこの機会に,ブラウザのお気に入り(ブックマーク)に入れてください!