PR

 最近はいずこもリストラの話ばかり。暗い話題が聞く人、読む人の気持ちを暗くして、それが景気の“気”にも影響を与える。不景気な時はこんなものだが、後ろ向きの話の相互作用で必要以上に景気が悪くなる。ユーザー企業のIT投資も大幅な縮小が確実だが、そんなことばかり話題にしているとIT市場はますます冷える。どうしたものかと思っていたら、あるユーザー企業の人から良いことを教えてもらった。

 その人によると、この“100年に一度”に不景気は「情報システムが身軽になるチャンス」というのだ。大手ユーザー企業の人なら、システムが身軽になると聞くと、すぐにピンと来ると思う。大企業になればなるほど、無駄なシステム、意味のないアプリケーションがゴロゴロと転がっているからだ。システム部門としては何とかしたいと思っていても、平時には無理。だから、この非常時にバッサリというわけだ。

 大手企業、歴史のある企業ほど、情報システムにも澱(おり)が溜まっている。今では誰が使っているのか分からないプログラム、コードがほとんど同じ多数のプログラム、そしてあちらこちらに散らかるサーバー類など、ハード・リースなどを無駄遣いし、運用面でも苦労を強いられる“IT資産”が結構ある。これまでは利用部門の抵抗などで除却するのが難しかったが、コスト削減の大義がある今なら手をつけられる。

 ミソは「コスト削減」と言わずに、「身軽になるチャンス」と言い換えているところだ。コスト削減は大事なことだが、ある意味スジが悪い。まず人の気持ちを暗くする。一部の例外を除けば、コスト削減を求められて、張り切る人はまずいない。それに単純なコスト削減はちまちました取り組みが多く、人の思考の枠を小さくする。従って、そこからは「今後のIT戦略」とか「次世代システムのグランドデザイン」とかいった大きな話は出てこない。

 これが「身軽になるチャンス」なら、話が全く異なる。「身軽になる」にはコスト削減以外のプラスアルファがある。プラスアルファとは「楽になる」である。「無駄なものを運用する業務を止め、楽をしようよ」と呼び掛けているのだ。そうすると、システム担当者は「身軽になるチャンス」を生かそうと、明るい気持ちで頑張れるわけだ。

 そうなると前向きな話、戦略的な発想も生まれてくる。例えばシステム統合などITインフラの見直しだ。多くの企業にとって、ITインフラの再構築は真の意味でのコスト削減、大幅な効率化につながるのだが、当初はキャッシュアウトが伴うのでシステム部門が推進するには大きなエネルギーがいる。だから経営陣や利用部門を納得させられるような大きな絵を描くためには、前向きな発想ができなければ話にならない。

 そんなわけでITベンダーも、ユーザー企業に対して「システムを身軽にするソリューション」を提案できなくてはならない。ユーザー企業のコスト削減要求に単純に応えるだけでは、売上や利益が小さくなる一方だし、昔の“御用聞き営業”に逆戻りである。

 つまり、ユーザー企業のIT予算の7割を“爆食”すると言われている既存システムの運用にメスを入れる提案をするのだ。そう言ってしまうと、ありがちな話になってしまうが、従来から多くのITベンダーが取り組んでいるIT資産の見える化提案なんかも、「システムを身軽にする」をコンセプトに文脈を組み替えると、ユーザー企業の担当者の心に響く可能性が高くなると思う。

 えっ、「うちは運用を請け負っているので、そんな提案なんかしたくない」って。うーん、まあそれもビジネス上の一つの判断でしょう。でも、いま「システムを身軽にする」究極のビジネスモデルが立ち上がりつつあることを頭に入れておいた方がよいだろう。そうクラウド・コンピューティング。単純な運用アウトソーシングがクラウド時代に生き残れるとは、とても思えないのだが。