PR

 生活に不可欠なライフラインである「電気」や「水道」「ガス」、通勤などで利用する「電車」、現金を引き出す「ATM(現金自動預け払い機)」。これら五つの社会インフラのうち、突然の停止あるいは遅延を最も許せないのはどれだろうか。回答は人によって異なるだろう。だが何人かの回答結果を集計すると、どのような傾向が表れるのだろうか。

 18歳から60歳までの男女1000人に、こうした問いを投げかけ、その回答をまとめた調査結果がある。NTTデータ経営研究所が2009年9月7日に発表した、「社会インフラにおける停止許容時間についての調査」がそれだ。

許せないナンバーワンは「ATM」

 調査では、五つの社会インフラについて、それぞれ5分の停止・遅延を許容できるかどうかを聞いている。その結果、5分の停止・遅延を許せると回答した人の割合は、水道が84.1%、電車が82.9%、ガスが76.6%、電気が73.2%、ATMが71.0%となった(図1)。5分止まったら最も許せないのはATMという結果だった。

図1●社会インフラが5分停止・遅延したときに許容できる人の割合
図1●社会インフラが5分停止・遅延したときに許容できる人の割合

 10分の停止・遅延についても聞いている(図2)。許容できると答えた人の割合は、水道が77.7%、ガスが69.5%、電車が59.5%、電気が56.7%、ATMが49.4%だった。これまたATMが最も許せないという結果である。ATMについては、1000人のうち、二人に一人が許せないと答えたことになる。

図2●社会インフラが10分停止・遅延したときに許容できる人の割合
図2●社会インフラが10分停止・遅延したときに許容できる人の割合

 5分の停止・遅延と10分の停止・遅延のそれぞれについて、許容できると答えた人の割合の差をみてみる。すると、その差が大きいのは電車とATMだ。電車については、10分の停止・遅延は許せないと答えた人の割合が同5分より23.4ポイント低下した。ATMは同21.6ポイント下がった。

 質問の前提として、ここでの停止・遅延は、供給者に原因がある場合に限っている。例えば、車両の整備不良、システム障害などによる停止・遅延である。自然災害による停止・遅延は、別の質問を立てて聞いている。自然災害による停止・遅延に対しては、供給者に原因がある停止・遅延よりも、許容できると答える人の割合が増える傾向にある。

日経コンピュータに掲載した事例の平均停止時間は282分

 ATMが停止するトラブルの実態はどうなのか。日経コンピュータが過去に掲載した事例を調べてみた。創刊号から最新の738号までに掲載したシステムダウン事例505件のうち、ATMが停止する案件は75件あった。そのうち停止時間が分かるのは51件である。

 この51件を対象に、平均停止時間を計算すると282分(4時間42分)だった。停止時間別に見ると、4~5時間という例が最多だった。事例別では、最短のケースで12分。最長で22時間断続的に停止、という障害があった。

 日経コンピュータに掲載した事例は、世の中で発生したATM障害のごく一部である。しかも記事として取り上げた事例であることから、停止時間が比較的長めのケースが多いと考えられる。したがって、世の中で発生したすべてのATM障害の平均停止時間は、282分よりはるかに短いだろう。ただし、10分には収まらないのではないかと思う。