PR

 インビジブルIT投資について考えてみる。インビジブル(見えない)というのは、ITベンダーにとって見えないということ。ユーザー企業は間違いなくITに投資しているのだが、それがITベンダーにはまるっきり見えない。「そんなことがあるのか」と訝る読者も多いだろうが、インビジブルIT投資は確実に増えつつある。

 タネ明かしをすれば、インビジブルIT投資とは、新規事業などに伴う、いわゆる“前向きな”IT投資のことだ。「なぁんだ」と言うことなかれ。この前、あるコンテンツ配信会社の役員と話したら、このご時勢でも「IT投資の総額は減らしていない」と言っていた。ただ、いわゆる基幹系へ投資は抑制し、新規事業に向けての投資に振り向けているという。そして付け加えたのは、「基幹系をやっているITベンダーはお呼びじゃありません」だった。

 この人から言わせれば、「一緒に課題を解決しましょう」という姿勢もなく、一知半解の知識を振り回し、「御社の課題はこうで、解決策はこうです」と型にはまった提案してくるようなITベンダーにはうんざり、とのこと。ただITベンダーから言うと、ユーザー企業の前向き投資に正対した提案をするのは極めて困難だ。どう儲けるのか、どこでお金がチャリンと落ちるか、まで理解しないと、まともな提案なんぞはできないからだ。

 なんせ、トラディショナルなITベンダーは、ERPに依存したビジネスに慣れきってしまった。ERPはどんな理屈をつけようとも、所詮は効率化のためのツールであり、バックヤードの“基幹系”システムしか構築できず、逆立ちしても新しいビジネスモデル作りなどに貢献できる代物ではない。しかもERPビジネスは、はじめにプロダクトありきで、最近では客の課題も解決策もテンプレート化している。こうしたビジネスに慣れてしまったら、「御社の新規事業の課題に対するソリューション」の提案なんてできるわけがない。

 そんなわけで、トラディショナルなITベンダーは、こうした前向き投資の案件にお呼びが掛からなくなる。ユーザー企業の中では、ITベンダーが日ごろ付き合いのある情報システム部門もITベンダーと似たようなもので、基幹系システムのお守しかやっていないところが増えているから、ますますITベンダーには前向き投資が見えにくくなる。かくして前向き投資の多くが、ITベンダーにとってのインビジブルIT投資となっていく。

 そう言えば、昔は良かった。ユーザー企業の前向きなIT投資とは、パソコンの大量導入とほぼイコールだった。「1人1台」がスローガンで、ユーザー企業には従業員一人ひとりの“増力化”につながるとの無邪気な期待があった。電子メールの効用が説かれ、その次はグループウエアがブームになった。ITベンダーはパソコンを売り、コミュニケーション系ツールを“ソリューション”に仕立てていればよかった。

 ところが、パソコンやコミュニケーション系ツールが普及してみると、その期待は幻想であることが明確になった。今から見れば当たり前なのだが、従業員の増力化にも、売上アップにもつながらない。そしてユーザー企業は、ITを活用した新規事業、あるいは新市場開拓にITを活用するといったことが真に前向きなIT投資であることに気付く。分かりやすい例はEコマースだが、それ以外にも多くの企業がケータイやICカードを活用した新規事業などに取り組み始めた。

 そうなるとメーカー系はともかく、多くのトラディショナルなITベンダーが対応不能に陥った。なんせ、この手のIT投資は、新規事業の業務プロセスの中に埋め込まれる必要がある。言うならば、エンベディッドなIT投資である。だからITベンダーが提案する場合には、その業務を真に理解できなければならない。業務プロセスを理解しただけでは足りず、お金を儲ける仕組み、つまりビジネスモデルのきちっと把握できなければ話にならないのだ。

 かくしてITベンダーはユーザー企業の前向き投資から疎外され、ITベンダーからは見えないインビジブルIT投資が拡大していくことになる。では、ここを誰が担っているのか。基幹系システムには縁のない、ユーザー企業の事業部門の技術者だったり、通信事業者だったり、ベンチャー企業だったりする。さて、バックヤード専門のITベンダーはどうするのか。

 まあ、景気が完全に回復すればIFRS対応など“統制ネタ”で、ITベンダーはしばらく食えそうだから、そんなややこしい新規案件に手を出さなくてもいいと割り切ることもできる。ただ、クラウド・コンピューティングの台頭などにより、トラディショナルな基幹系システムの市場は確実に減る。「もう余計な統制コストや手間をかけたくない。基幹系システムについても自社導入でなく、クラウド活用でよいのではないか」と、ある大手日用品メーカーの経営者が真顔で言っていたのを思い出す。

 ユーザー企業のインビジブルIT投資を“見える化”するつもりがないのなら、ITベンダーは少なくとも自社のビジネスモデルを転換する必要がある。それじゃあ、どっちが難しいのだろう・・・うーん。