PR

 最近、経営者がPCを使わなくなったという話をよく聞く。なぜかと言うと、スマートフォンで十分だから。確かに意思決定する人である経営者にとっては、スマホはベストマッチだ。今後多くの経営者がメインの仕事の道具をPCからスマホに替えるだろう。情報システムのあり方も大きく変わりそうだ。

 PCの本質は、情報を創り出すことにある。これはPCが誕生した時から変わらぬ真理だ。PCの普及期には、オフィスワーカーがより創造的な仕事をするために必要だとして、多くの企業で一人一台体制を目指してPCが導入された。当然、企業で最も創造的であらねばならないのは経営トップなので、IT部門やITベンダーは嫌がる経営者にPCを使わせようとしたものだった。

 しかし改めて考えてみると、情報を創り出す道具であるPCは経営者には“オーバースペック”である。経営者も意思決定という情報を創り出すが、データ量としてはほんのわずかだ。むしろ意思決定のために情報(ビジネスインテリジェンス)を利用する立場であり、その情報はPC画面上で得ることもあるが、基本は他の役員など適切な人とのコミュニケーションを介して得ている。

 そのコミュニケーションの観点から考えると、PCは逆にスペックがプアーだ。グループウエアやビデオ会議の機能を組み込めるとはいえ、音声コミュニケーションでは携帯電話やスマホの便利さには到底及ばない。つまりPCは本来、経営者の日常業務にとって必ずしも使いやすい道具ではなかったのだ。

 ただ、多くの企業が情報システムの構築の真っ最中で、インターネットの商用利用も始まっていなかったころは、そんなことが考慮されることはなかった。なんせ当時は、売り上げなどの会計データを除けば、デジタル化された状態で利用できる情報はほとんどなかったのだ。そのころの情報化、あるいはOA化とは、全従業員がデジタル情報を創り出すことだった。経営者といえども例外ではなかった。

 そして時は流れて今、社内の情報システムや社外のインターネットの情報が満ちあふれ、様々な形に加工し利用できる時代になった。クラウドの普及がその流れを加速する。そこに、本質的に情報を利用するための道具であるスマホが登場した。情報を活用するため、あるいは少し加工したり付加情報をアドオンしたりするためだけなら、プアーな入力インタフェースしか持たないスマホでも十分だ。

 そんなわけで、多くの経営者がスマホに飛びついた。なんせ電話もできるし、社内の情報も確認できる。新聞だってスマホで読むことができる。経営の意思決定をする上で、必要な情報を入手し利用するためには、スマホほど便利な道具は無い。もちろんPCを使わないわけではないが、それは社内ブログを書いたり、つまり意思決定以外の情報を創り出す必要があるときだけだ。

 さて、話をもう少し一般化したい。果たして、この傾向は経営者だけの話だろうか。よく考えると、これは一般のマネジャーや従業員でも同じことだ。PCの画面に向き合い情報を創る頻度は経営者に比べれば多いだろうが、最近はむしろ、自らの仕事のために社内外の情報をうまく活用するといったシーンが増えてきているはずだ。だから、多くの人が仕事でスマホを活用するのだ。

 クラウド時代になり、莫大なデジタル情報が既に存在する。情報システムを持つ(=つくる)時代から使う時代へ、とはクラウドのマーケティングのスローガンだが、情報自体もつくる時代から使う時代へ移ったと考えるべきだろう。

 むろん、情報はこれからも新たに創造され続ける必要があり、情報を創る人も不可欠だし、その意味でのPCの重要性は今後も変わらない。ただ、クラウド&スマホの潮流を、情報創造から情報活用への文脈の中で捉えないと、本質を見失う恐れがある。言い出したものの、ITベンダー自身がどうマーケティングしてよいか分からない「ビッグデータ」についても、そうした考察の中で解が得られるだろう。